So-net無料ブログ作成
検索選択

久しぶりの更新です [仕事]

昨年末に更新してから、すっかり更新が滞っておりました。
楽しみにしてくださっている方がいたら申し訳ない・・・さて、2016年に入って、仕事よりも私生活がバタバタしておりました。
私事ですが、3月末にずっと同棲していた彼と入籍し、4月末に義母さんが亡くなり、やっと私生活が落ち着いてきたところです。

仕事はといいますと、順調に新規案件が増えて現在15人ほど。
最近どんどん嚥下の人が増えてきて、自分の勉強不足を思い知らされています。

訪問リハはご家族との連携を密接に取れたり、実際の生活の場でリハビリできることが利点だと思いますが、正直週1回リハしてもなーと感じることがあります。
ご本人やご家族にしっかり説明してその時は了承を得ることができても、自主的にトレーニングしてくださる方は本当に稀です。
食事の評価も施設や病院であれば自分の昼休みをずらして、昼食の時間に走れば良いだけのこと。
訪問で食事評価をしようと思うと、まず自分の昼休みをずらすのは当たり前ですが、ご家族やご本人にお願いして、訪問時間に合わせて食事を用意してもらわないとダメなのです。
結構嚥下の人が増えてきて、何回か食事評価にお伺いしていますが、形態指導すごく難しいです。
老健にいたときは栄養士さんに食事箋を出せば良かったけど、とろみをつけるのも、嚥下食を作るのもご家族なのです。
どの食品はだめでどの食品なら良いのか?調理法はどうするのか?
結構料理のスキルが問われることもしばしば(⌒-⌒; )

お餅が食べたいとリクエストされれば嚥下障害のある人でも大丈夫なお餅のレシピを調べて実際自分で作って食べてみたり、ご家族が調理しやすいレシピをかんがえたり・・・
私は料理が好きなのでさほど苦痛ではありませんが、大体の利用者様のご家族が私よりも経験豊富で、料理なんてずっとしてきた人たちばかりなのです・・・
何より失礼があってはいけません。
今の私の課題はご家族との接し方、です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。