So-net無料ブログ作成
検索選択

終わりました [過去の話]

今日、登録販売者としてのお仕事が終了しました。

今日はなぜ私がSTを辞めて登録販売者になったのかをお話しします。私は養成校卒業後、横浜市内のとある老健に就職しました。
学生時代から私は在宅分野に関わりたかったのですが、なかなか新卒では訪問では取ってくれるところもなく、デイでは求人がなかったので、訪問もやっているというそちらの老健に就職しました。

私を除いて、ST2年目の先輩が2人、4年目の先輩(非常勤)が1人。
私が見学に行ったときは、非常勤の先輩とお話をして、この人と一緒に働きたいなぁ~と思って入職したのもあります。
でもその先輩が1か月に2回しか来ない非常勤だと知ったのは入職後。
メインで仕事を教えてくれるのは2年目の先輩でした。最初はメインの指導者が決まっておらず、2人の先輩の言ってることが違ったりしてすごく戸惑ったのを覚えています。
その2人の先輩のうちの1人との関係がうまくいかず(その先輩は私より年下だった)、非常勤の先輩にお願いして、メインの指導者をもう1人の2年目の先輩にお願いすることにしました。
それでもその先輩がお休みの日はもう1人の先輩にカルテのチェックを受けたり、カンファに一緒に出たりしなければならなかったので、どんどん仕事が憂鬱になっていきました。
入職して1か月後には担当患者が10人、1日のリハ単位数は20単位を超える日もありました。
明らかに1年目の私にはキャパオーバーな仕事量で、日付が変わってから帰宅したこともあります(タイムカードはもちろん定時で押すのが決まり)。
帰りのバスがなくなって、同期のOTさんと一緒に家まで歩いたこともありました・・・
そんな日々が続いて、私の体調はどんどん悪くなっていきました。
身体は疲れ切っているはずなのに眠れない。職場が近づくにつれて襲ってくる不安感と吐き気、腹痛。
非常勤の先輩に勧められて、心療内科を受診しました。診断は心身症、不安障害でした。
薬でごまかしごまかししばらく勤務し続けていたある日、ひどい胃痛に襲われて技師室でうずくまっているところを先輩に発見されて早退しました。その足で心療内科へ行くと、心因性の胃痙攣だろうとのことでした。
この時点で私は休職を決めました。
PTである科長には色々な言葉を吐き捨てられました。でも何を言われてももう、私にはその施設で働き続けるという選択肢は「死ぬ」ということより辛いことでした。
とりあえず2週間休職して、再度面談をしました。そこで私は退職したい旨を申し出ました。
休職中に心療内科を変えました。それまで通っていた心療内科に不信感を抱いていたからです。次の心療内科でうつ病の診断が付きました。

退職を申し出てからはトントンと進みました。
職場の寮に入っていたので、とりあえず荷物を実家に送り、私自身は彼氏の家に転がり込みました。
特に何をするわけでもなくぼーっと過ごす日々。
本当に辛く、何度も何度も死にたいと考えていました。彼に迷惑をかけている自分もイヤでしたし、こんなところでリタイアしてしまった自分もイヤでした。
私は実家に帰ることを決めました。

実家に帰ってからはほぼ寝たきりになりました。
「死にたい」と考えることもなくなりました。・・・というか何も考えられませんでした。
ごはんを食べて、寝て、排せつして。ただ生きるために動作をこなすロボットの様に生きていました。家族とも色々あり、実家にも居場所がない・・・なんて考えていました。
実家でしばらく療養をして通院も服薬もほぼ必要なくなった頃、私は母に横浜へ戻ることを相談しました。
彼が自分のところにおいでと言ってくれていたので、母の反対を押し切って再度彼のところへ転がり込みました。

初めの頃は家事をこなしながら、療養という形で彼の家にいました。
でもやっぱり生きるにはお金が必要で、彼に頼りきりなのも申し訳ないのでとりあえずアルバイトを探す様になりました。
たまたま見ていた求人情報誌に、耳鼻科STのパート求人があり、応募して面接を受けました。不採用でした。
その次にドラッグストアでのオープニングスタッフの募集を見つけました。そこが今日まで働いていた職場です。
最初のうちはまだうつ病を引きずっていた私ですが、働いているうちに店舗責任者まで任される様になり、社会復帰できている!という自身が付き、受験要件を満たした年に神奈川県の登録販売者の試験を受験、合格しました。

今ではほとんどうつ病の症状もなく、日常生活を送ることができています。
それでもまだ以前働いていた老健のある最寄り駅に近づくだけで動悸がしたり、胃痛がしたりしますが・・・・
私がSTに戻る自信やきっかけをくれたのは現職場です。
イヤなことも色々ありましたが、一緒に働く人たちが本当に良い人たちで楽しく仕事をすることができました。

STがイヤになったら戻っておいで~なんて言われていますが、そうならない様に訪問ST頑張りたいです。

長い長いお話でした。
ここまで読んでくださった方、ありがとうございましたm(_ _"m)

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 1

コメント 2

あーこ

初めてまして。以前からアメブロは読ませて頂いていました。
登録販売者としてのお仕事お疲れ様でした。
私もSTで引っ越しと妊娠でやめてしまいましたが先月まで急性期の病院で働いていました。

私も急性期で働くまでは3年間専業主婦で、経験年数は療養型病院での1年弱というものでした。再度働くには不安がありましたが(こどもがいて、ほとんど経験なし、ブランクあり。しかも急性期は1番働きたくない場所だったのに!)先輩STに助けられ4年ですが働くことができました。こんな私でも働くことができたので、orangeさんも働けるのではないかなと思います。
久しぶりのST勤務となりますが、お体に気をつけて無理ないよう働いて下さい。応援しています(^-^)
長々とすみません。
by あーこ (2015-09-13 09:16) 

orange

>あーこさん

コメントありがとうございます!
急性期で働くなんて私には想像もできないのですごいです!
私の次の職場もベテランSTさんがいるので頼っていきたいと思います(笑)
応援ありがとうございます!体調崩さない程度に頑張りたいと思います。
by orange (2015-09-17 22:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: