So-net無料ブログ作成
検索選択

STを目指した理由 [過去の話]

今日はなぜ私がSTを目指したのかをお話します。

私は高校生の頃、福祉科という介護福祉士の受験資格を得られる学科で学んでいました。
私のクラスからもOTやPTの学校へ進む人がたくさんいました。
授業の中で、介護・医療系の資格とざっくりした仕事内容を学ぶところがあったのですが、色々な資格があるということを知りました。
私は2年生の前半くらいまでは社会福祉士を取得するために大学に進学しようと思っていました。
色々な学校を調べたりしているうちに言語聴覚士という資格を目にしました。
正直に言うと、その時は「言語」という言葉に騙されていました(笑)
私は元々文系で、国語が好きでしたのでSTも文系の資格だと思っていたんですよね。
その時に少し面白そうな資格だなとは思いましたが(名称だけで仕事内容は知りませんでした)特に進路を変えるということはしませんでした。
高校を卒業してからは大学進学ではなく、就職しました。(なぜ進路が変わったのかは割愛します)
2つ目の職場が身体障害者通所授産施設で、高次脳機能障害の方や聴覚障害の方、脳性麻痺の方など色々な障害を持っている人たちと一緒に仕事をしました。

日々、そういった方たちと関わっているうちにふと「言語聴覚士」のことを思い出しました。

そこからはSTについて色々調べました。
言葉を失ってしまう病気があること、食事がうまくできなくなってしまう病気があること、うまく言葉を発することができなくなってしまう病気があること・・・
介護福祉士として働く上でなんとなく関わってきたそういう方たちのリハビリをする職業というのも魅力でした。
私は詩や小説を読んだり書いたりすることが好きでした。「ことば」が好きでした。
なので“言語”聴覚士という職業に惹かれたのだと思います。

STのことを詳しく知ってからは学びたい欲がむくむくと芽を出して(笑)親を必死に説得していました。
私の実家は滋賀県にあるのですが、私が通いたいと思っていた学校は東京にありました。
大阪や兵庫にもSTの養成校はありますが、大卒過程しかなかったり、新設の学科で卒業生が出ていなかったりでピンとくる学校がなかったんですよね。
ちょっと一人暮らしをしてみたい、なんて欲もありましたので両親祖父母を説得して、叔父の援助を受け、無事東京の専門学校を受験、合格しました。

今一つ言えることは、あの頃持っていたSTの印象・・・・今は微塵も持っていないということです(笑)
資格名に騙された!!って人結構いるんじゃないでしょうかね。え?私だけ?(笑)
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

まえだ

私もだまされまて、メニエールになり(笑)10年のブランクで復帰しようと考えてます!
by まえだ (2017-05-29 22:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: